until・till・byの違いは?意味や使い方を例文付きで解説!

until・till・byの違いは?意味や使い方を例文付きで解説!
untilとtillとbyの使い分けってよく分からない。意味の違いや使い方もはっきりと覚えていないんだよね。
こんな質問にお答えします。

中学校で習った英語の「until・till・by」。「〜まで」「〜までに」という意味があったのは覚えているけど、いざ話すとなるとどれがどれなのか分からなくなりますよね。

というわけで今回は、

  • until・till・byの意味と使い方

を例文付きで解説します!

日常的によく使う英語なので、ぜひおさえておきましょう。

Untilとtillの意味・使い方の違い

Untilとtillの意味・使い方の違い

まずは、形が似ている「until」と「till」の違いを確認します。

結論からいうと、「until」と「till」はどちらも「何かが起こるまで」という意味があります。このふたつの単語に意味の違いはないと考えてよいと思います。

ただし、書き言葉では使い分ける傾向にあるようです。確認してみます。

Till is generally felt to be more informal than until and is used much less often in writing. At the beginning of a sentence, until is usually used.

引用元:Oxford Learner's Dictionaries

「till」は「until」よりカジュアルなイメージを与える、書き言葉で「till」を使うことは少ないとのことです。また、文章の冒頭に置く場合は、通常「until」を使用します。

それでは、それぞれの単語について詳しくみてみましょう。

untilの意味と例文

英英辞書で確認してみます。

up to (the time that) 〜

引用元:Cambridge Dictionary

「(その時)まで」という意味があります。

その時がくるまで「継続して、ずっと」というイメージをもっておきましょう。

例文でニュアンスをつかんでみます。

He waited until she arrived.
彼は彼女が到着するまで(ずっと)待った。
We did not finish work until it became dark around.
あたりが暗くなるまで(ずっと)仕事を終えなかった。
I'm not coming back until the end of the month.
私は月末まで(ずっと)戻ってこない。

tillの意味

up to (the time that); until,

引用元:Cambridge Dictionary

(その時)まで、つまり「until」と同じ、と解説してあります。やはり、untilとtillには意味の違いはないようです。

というわけで、tillとuntilを意味の違いで使い分けする必要はないようですね。書く時には、untilを使うようにしておけば間違いないと思います。

Until(till)とbyの意味と使い方の違い

Until(till)とbyの意味と使い方の違い

untilとtillは同じ意味ですので、次にuntil(till)とbyの違いをみてみます。

このふたつで大きく違うのは、意味です。

  • until:(その時)まで(継続して、ずっと)
  • by:(その時)までに

このような違いがあります。

byについて詳しくみてみます。

byの意味と使い方

まずはbyの意味について英英辞典で確認します。

 not later than the time mentioned; before

引用元:Oxford Learner's Dictionaries

指定した時間よりまでに、その前にという意味があります。

byがuntil(till)と大きく違うのは、継続している必要がないということです。

例文で確認してみましょう。

I need to come back by 4:00 pm.
私は夕方4時までに帰ってくる必要がある。

byはこのように、夜10時という指定した時間までに、というときに使います。その時間までに帰ってきているという状態です。

I am waiting here until you come back.
あなたが戻ってくるまでここで待っています。

一方で、「指定した時間までずっと」と、待っている状態が続いているときはuntil(till)を使います。

byの例文

もう少しbyの例文をみながら、byのもつイメージをかためていきましょう。

I am expected to finish this work by the end of this month.
私は今月末までにこの仕事を終える予定です。
By the time I got to the bus stop, the bus had already gone.
バス停に着く前に、バスはすでに出発してしまっていた。
I will check this colour sample and get back to you by 15 October.
このカラーサンプルを確認して10月15日までに連絡します。

英語での日付の書き方は、アメリカ式・イギリス式で違います。byと一緒に使うことも多いので参考にしてみてください。

until・till・byの英語の違いまとめ

今回は「until・till・by」の意味や使い方の違いについてまとめました。

  • untilとtillの意味は同じ「〜まで(ずっと)」
  • tillはuntilよりカジュアルな言い方で使われることが多い
  • byの意味は「〜までに」

というのがポイントでした。

untilやbyの後に続く指定した時間までに、ある行動を継続しているのかどうか、という視点をもって

私は中学生のときにこの区別をつけるのに苦労して、最終的に「英語が短い方が日本語が長い➡ by:までに」と覚えてなんとかやり過ごしていましたw

試験はそれで大丈夫なのですが会話となると話は別です。なぜなら頭で考えようとすると、発話が遅くなってしまうからです。

ですので、なるべく多くの例文に触れて(辞書などがオススメです!)どんどん口に出してそれぞれのパターンに慣れていくようにしました。そのおかげで会話中も問題なく使い分けできるようになりました。

辞書は意味を確認するだけで終わるのではなく、例文まで確認する、声に出して読んでイメージをする、そこまですることを習慣化していくと、意味の違いも定着しやすくなるのでおすすめです。