英語の日付や曜日の書き方・順番は?アメリカ式とイギリス式も比較!

英語で日付を書きたいんだけど、順番のルールがいまいち分からない。曜日や月の省略形も知りたい!
アメリカ式とイギリス式があるって聞いたけどどう違うの?
こんな質問にお答えします。

日本語で「2020年11月16日月曜日」と月日付の書き方や順番が決まっているように、英語にもそのルールはあります。

ただ、同じ英語でもアメリカ式とイギリス式があって、その書き方や順序が違うんです。

というわけで今回は、

  • 英語の日付・年号(西暦)・曜日の書き方や順番のルール
  • アメリカ式とイギリス式の違い
  • 曜日や月日の省略形一覧

などについて解説します。

この記事を読めば、サイトの英語を読むときや、メールのやりとりや論文を書いたりする時でも混乱することが少なくなります。

英語で曜日・日付・年号の書き方や順番は?

英語で曜日・日付・年号の書き方・順番は?

英語の日付の書き方にはいろいろな種類があります。

どのような場面でその日付表示を使いたいのかによって、書く順番や書き方が違ってきます。

そのときに大事なのが次の2つのポイントです。

  1. アメリカ式かイギリス式か(→ 順番が違う)
  2. カジュアルかフォーマルか(→ 書き方が違う)

アメリカ式かイギリス式かで書く順番が違ってくるので、例えばメールのやりとりなどをする場合は、読む時も書く時も注意が必要です。

カジュアルかフォーマルかという判断は、書き方がより複雑になればなるほどフォーマルな形になります。例えば省略形を使わずに数字をアルファベットで書いていくのが最もフォーマルです。

ひとつずつ詳しくみていきましょう。

アメリカ英語での曜日・日付・年号(西暦)の書き方・順番

例えば、「2020年10月7日水曜日」とアメリカ英語式で書くときはこのようになります。

Wednesday, October 7, 2020

このように、「曜日→月→日付→年」となります。日にちより必ず月が先に来ます。

また、「, (コンマ)」と「半角スペース」を入れることも大事なので覚えておきましょう。分かりにくいので書いてみます。

Wednesday,半角スペースOctober 7,半角スペース2020

フォントによっては、半角スペースが認識しにくいこともあると思いますが、しっかりと意識して書きましょう。

ここを意識することで、正しい英語を書くことにつながります。

私はこの徹底をしていなかったので、ドイツのインターン先のボスが業を煮やし「コンマの後は半角スペース空ける!」とご指摘いただきました...。

読み手への配慮にもなりますので、慣れるまでは意識的に気をつけてみてくださいね。

そのほか、アメリカ英語式の日付の書き方です。

  • Oct 7
  • October 7
  • October 7, 2020
  • Wednesday, October 7, 2020

イギリス英語での曜日・日付・年号(西暦)の書き方・順番

次に、「2020年10月7日水曜日」とイギリス英語式で書くときはこのようになります。

Wednesday, 7 October 2020

または、Wednesday the 7th of October, 2020

イギリス英語の書き方だと、「曜日→日にち→月→年」となります。オーストラリアでも基本的にはイギリス英語と同じように書くようです。

「, コンマ」使い方もアメリカ英語式とは違います。また、「the と of 」を使うこともあります。

そのほかにも、次のようにイギリス英語式での日付を表すことができます。

  • 7 Oct
  • 7 October
  • 7 October 2020
  • 7th October 2020
  • the 7th of October 2020
  • the 7th of October, 2020

最後の2つはよりフォーマルな言い方になります。「theとof」を使っています。この言い方をする時は、theとofの両方を使う必要がありますので気をつけましょう。

インターナショナルスタンダード

アメリカ式とイギリス式をお互いに使うことで日付を誤解してしまうことを避けるために、インターナショナルスタンダードも設定されています。

インターナショナルスタンダードでの書き方は、「年→月→日」という順番です。つまり、私たちが日本語で使用している順番と同じですね。

2020年10月7日をインターナショナルスタンダードで書くとこうなります。

  • 2020-10-07
  • 2020 October 7

記号(スラッシュ・ハイフン・ピリオド)を使った英語の日付の書き方

記号(スラッシュ・ハイフン・ピリオド)を使った英語の日付の書き方

記号を使って日付が書いてあるのも見たことがあるのではないでしょうか。

上でお伝えした書き方のほかに、下の記号を使って数字や省略形で簡単に日付を表すこともできます。

  • スラッシュ( / )
  • ハイフン( - )
  • ピリオド( . )

気をつけたいポイントはどの記号を使っても「アメリカ英語(月→日→年)」「イギリス英語(日→月→年)」というルールで書くということです。

スラッシュを使った日付の書き方

一番目にすることがあるのは「 / (スラッシュ)」ではないでしょうか。2020年10月7日を、アメリカ式とイギリス式で表記してみます。

2020年10月7日
アメリカ英語(月/日/年)イギリス英語(日/月/年)
10/07/2007/10/20
10/07/202007/10/2020
MM/DD/YYYYDD/MM/YYYY

最後のアルファベットの表記は、書類やウェブサイト、PCの日付表示設定などで見ることがあると思います。

M、D、Yの意味は次のとおりです。

M: Month(月)
D: Day(日)
Y: Year(年)

知っておくと便利です。

ハイフンを使った日付の書き方

アメリカ英語(月/日/年)イギリス英語(日/月/年)
10-07-2007-10-20
10-07-202007-10-2020

ピリオドを使った日付の書き方

アメリカ英語(月/日/年)イギリス英語(日/月/年)
10.07.2007.10.20
10.07.202007.10.2020

月の省略形も使った日付の書き方

アメリカ英語(月/日/年)イギリス英語(日/月/年)
Oct. 07, 20207Oct2020
7-Oct-20
いろいろな表示方法があるね。まずは、アメリカ式(月日年)とイギリス式(日月年)の順番のルールを覚えておくと間違いが少なくなりそうだね。
あとは、相手がどの英語スタイルなのかを知っておくと良いね。

ビジネス・フォーマルな場面での日付の書き方

ビジネス・フォーマルな場面での日付の書き方

ビジネスでは、例えば納期や契約書など日付の誤解が生じると大変なことになることがあります。

それを避けるための安全策のひとつとして、月をスペルで書くという方法があります。

2020年10月7日であれば次のように書きます。

  • October 7, 2020(アメリカ式)
  • 7 October 2020 もしくは 7th October 2020(イギリス式)

この方法だと、相手が何式の英語を使うのかに関わらず、混乱を避けることができますよね。

ちなみに、Octoberの最初は必ず大文字です。文中に出てきても月は必ず大文字始めることを覚えておきましょう。

また、最もフォーマルな書き方は、日付を全てスペルアウト(アルファベットで書き出す)した形になります。

2020年10月7日は、the seventh of October 2020と書きます。

英語の月の略し方 一覧

英語の月の略し方

アメリカ式とイギリス式の例にもあるように、カジュアルな言い方では月の名前も省略形で表します。

一覧表で確認しましょう。

月名英語省略形
1月JanuaryJan.
2月FebruaryFeb.
3月MarchMar.
4月AprilApr.
5月MayMay
※省略なし
6月JuneJune
※省略なし
7月JulyJuly
※省略なし
8月AugustAug.
9月SeptemberSept.
10月OctoberOct.
11月NovemberNov.
12月DecemberDec.

May、June、Julyは通常省略しません。ただ、図表などスペースが限られている場合は、ピリオドなしで最初の3文字を表記することがあるようです。

例)1月➡Jan 6月➡Jun 7月➡Jul

英語の日付の書き方一覧(1日〜31日)

英語の日付の書き方(1日〜31日)

日付は基本的に「the + 序数」で表します。

注意したいのが赤字で書いている「1,2,3が付く日」です。

ときどき日本で、「3周年記念!」を「3th anniversary!」と書いているポスターなどを見かけたりします。意味は通じるとは思いますが、正しいとは言えません。

ちょっとした注意ですぐに慣れますので、記憶があいまいだった人はこの記事で覚えてしまいましょう!

日にち英語での書き方(序数)読み方
1日1stfirst
2日2ndsecond
3日3rdthird
4日4thfourth
5日5thfifth
6日6thsixth
7日7thseventh
8日8theighth
9日9thninth
10日10thtenth
11日11theleventh
12日12thtwelfth
13日13ththirteenth
14日14thfourteenth
15日15thfifteenth
16日16thsixteenth
17日17thseventeenth
18日18theighteenth
19日19thnineteenth
20日20thtwenty
21日21sttwenty-first
22日22ndtwenty-second
23日23rdtwenty-third
24日24thtwenty-fourth
25日25thtwenty-fifth
26日26thtwenty-sixth
27日27thtwenty-seventh
28日28thtwenty-eighth
29日29thtwenty-ninth
30日30ththirty
31日31stthirty-first

英語の日付で前置詞を使った例文

英語の日付で前置詞を使った例文

最後に、上の日付の書き方を使っていろいろな文をつくってみましょう。

Our color sample should arrive on December 10th.
カラーサンプルは12月10日にそちらへ届く予定です。
I will check it and get back to you by December 15th.
確認して12月15日までに連絡します。

by(までに)は日付と一緒によく使う前置詞です。似たような単語でuntilがあります。byとuntilの違い・使い分けもおさえておきましょう。

英語の日付や曜日の書き方・順番は?アメリカ式とイギリス式も比較!のまとめ

今回は、英語での日付の書き方を、アメリカ英語とイギリス英語に分けながらお伝えしました。

  • アメリカ英語式:曜日→月→日→年
  • イギリス英語式:曜日→日→月→年

というポイントをおさえておきましょう。

カジュアルでもフォーマルでも、この順序は変わりません。書き方を省略すればするほどカジュアルな言い方になります。

またビジネスなどの場面では、月と日が誤解されないように、月をアルファベットで書くことをおすすめします。

-->