英語の日付や曜日の書き方・順番は?アメリカ式とイギリス式も比較!

英語で日付を書きたいんだけど、順番のルールがいまいち分からない。曜日や月の省略形も知りたい!
アメリカ式とイギリス式があるって聞いたけどどう違うの?
こんな質問にお答えします。

日本語で「2022年11月16日月曜日」と月日付の書き方や順番が決まっているように、英語にもそのルールはあります。

ただ、同じ英語でもアメリカ式とイギリス式があって、その書き方や順序が違うんです。

というわけで今回は、

  • 英語の日付・年号(西暦)・曜日の書き方や順番のルール
  • アメリカ式とイギリス式の違い
  • 曜日や月日の省略形一覧

などについて解説します。

この記事を読めば、サイトの英語を読むときやメールのやりとりや論文を書いたりする時でも、混乱することが少なくなります。

英語で曜日・日付・年号の書き方や順番は?

英語で曜日・日付・年号の書き方・順番は?

英語の日付の書き方にはいろいろな種類があります。

どのような場面でその日付表示を使いたいのかによって、書く順番や書き方が違ってきます。

そのときに大事なのが次の2つのポイントです。

  1. アメリカ式かイギリス式か(→ 順番が違う)
  2. カジュアルかフォーマルか(→ 書き方が違う)

アメリカ式かイギリス式かで月日の順番が違います。

例えば「3/6/2022」という日付は一方では2022年3月6日のこと、もう一方では6月3日のことを意味します。

メールなどやり取りをする相手が何式の英語を使うかを考慮する必要があります。

カジュアルかフォーマルかという判断は、書き方がより複雑になればなるほどフォーマルな形になります。例えば省略形を使わずに数字をアルファベットで書いていくのが最もフォーマルです。

yuki
ひとつずつ解説します!

アメリカ英語での曜日・日付・年号(西暦)の書き方・順番

例えば「2022年10月7日水曜日」とアメリカ英語式で書くときは次のようになります。

Wednesday, October 7, 2022
水曜日 10月7日 2022年

「曜日→月→日→年」の順番です。

 月日の順番は日本語と同じだね!

書く時に注意したいのが「, (コンマ)」と「半角スペース」を入れることです。

Wednesday,(半角スペース)October 7,(半角スペース)2022

フォントによっては、半角スペースが認識しにくいこともあると思いますが、しっかりと意識して書きましょう。

ここを意識することで、正しい英語を書くことにつながります。読み手への配慮にもなりますので、慣れるまでは意識的に気をつけてくださいね。

アメリカ英語式の日付の書き方バリエーション

省略形を使わない・情報をすべて書く、ということで下にいけばいくほど丁寧でフォーマルな印象があります。

  • Oct 7
  • October 7
  • October 7, 2022
  • Wednesday, October 7, 2022

イギリス英語での曜日・日付・年号(西暦)の書き方・順番

次に、「2022年10月7日水曜日」とイギリス英語式で書く場合です。

Wednesday, 7 October 2022
水曜日 7日10月 2022年

イギリス英語の書き方だと「曜日→日→月→年」となります。オーストラリアでも基本的にはイギリス英語と同じように書くようです。

,( コンマ)の使い方もアメリカ英語式と違うね!

イギリス英語式の日付の書き方バリエーション

省略形を使わない・情報をすべて書く、ということで下にいけばいくほど丁寧でフォーマルな印象があります。

  • 7 Oct
  • 7 October
  • 7 October 2022
  • 7th October 2022
  • the 7th of October 2022
  • the 7th of October, 2022

最後の2つはよりフォーマルな言い方で「theとof」を使っています。イギリス英語式の特徴でもあります。

ビジネス・フォーマルな場面での日付の書き方

ビジネス・フォーマルな場面での日付の書き方

ビジネスでは、例えば納期や契約書など日付の誤解が生じると大変なことになることがあります。

それを避けるための安全策のひとつとして、月をスペルで書くという方法があります。

2022年10月7日であれば次のように書きます。

  • October 7, 2022(アメリカ式)
  • 7 October 2022 もしくは 7th October 2022(イギリス式)

この方法だと、相手が何式の英語を使うのかに関わらず、混乱を避けることができますよね。

ちなみに、Octoberの最初は必ず大文字です。文中に出てきても月は必ず大文字始めることを覚えておきましょう。

また、最もフォーマルな書き方は、日付を全てスペルアウト(アルファベットで書き出す)した形になります。

2022年10月7日は、the seventh of October 2022と書きます。

記号(スラッシュ・ハイフン・ピリオド)を使った英語の日付の書き方

記号(スラッシュ・ハイフン・ピリオド)を使った英語の日付の書き方

記号を使った日付表記も見たことありませんか?

例えば、

  • スラッシュ( / )
  • ハイフン( - )
  • ピリオド( . )

これらの記号を使って、数字や省略形で簡単に日付を表すこともできます。

yuki
覚えておきたいのは、どの記号でも「アメリカ英語(月→日→年)」「イギリス英語(日→月→年)」という順番は変わらないということです!

スラッシュ(/)を使った日付の書き方

2022年10月7日を、アメリカ式とイギリス式で表記してみます。

2022年10月7日
アメリカ英語(月/日/年)イギリス英語(日/月/年)
10/07/2207/10/22
10/07/202207/10/2022
MM/DD/YYYYDD/MM/YYYY

最後のアルファベットの表記は、書類やウェブサイトやPCの日付表示設定などで見ることがあると思います。

M、D、Yの意味は次のとおりです。

  • M: Month(月)
  • D: Day(日)
  • Y: Year(年)

ハイフン(-)を使った日付の書き方

アメリカ英語(月/日/年)イギリス英語(日/月/年)
10-07-2207-10-22
10-07-202207-10-2022

ピリオド(.)を使った日付の書き方

アメリカ英語(月/日/年)イギリス英語(日/月/年)
10.07.2207.10.22
10.07.202207.10.2022
yuki
では次に、日・月・年の読み書きでおさえておきたいポイントを紹介します!

英語の月日の読み方

書いてある日付を声に出して読むとき、注意が必要なのでお伝えします!

例えば「7月10日」の読み書きは下記のとおりです。

 アメリカ英語イギリス英語
書き方July 1010th July
読み方July tenththe tenth of July
yuki
イギリス英語で読むときは、theとofが必要なんだね!
他にもいくつか読み方はあるのですが、よく使われるのが上記ですね。
イギリス英語の場合は、書かれていないtheとofを言う必要があるので注意が必要です。あなたの誕生日などで何度か練習しておくと良いと思います。

英語の日の書き方・読み方一覧(1日〜31日)

英語の日付の書き方(1日〜31日)

基本的に日付は「the + 序数」の形で表します。

注意したいのが赤字で書いている「1,2,3が付く日」です。

ときどき日本で、「3周年記念!」を「3th anniversary!」と書いているポスターなどを見かけたりします。

yuki
意味は通じるとは思いますが正しいとは言えません。

ちょっとした注意ですぐに慣れますので、記憶があいまいだった人はこの記事で覚えてしまいましょう!

日にち英語での書き方(序数)読み方
1日1stfirst
2日2ndsecond
3日3rdthird
4日4thfourth
5日5thfifth
6日6thsixth
7日7thseventh
8日8theighth
9日9thninth
10日10thtenth
11日11theleventh
12日12thtwelfth
13日13ththirteenth
14日14thfourteenth
15日15thfifteenth
16日16thsixteenth
17日17thseventeenth
18日18theighteenth
19日19thnineteenth
20日20thtwentieth
21日21sttwenty-first
22日22ndtwenty-second
23日23rdtwenty-third
24日24thtwenty-fourth
25日25thtwenty-fifth
26日26thtwenty-sixth
27日27thtwenty-seventh
28日28thtwenty-eighth
29日29thtwenty-ninth
30日30ththirty
31日31stthirty-first

英語の月の略し方 一覧

英語の月の略し方

アメリカ式とイギリス式の例にもあるように、カジュアルなスタイルでは月の名前も省略形で表します。

アメリカ英語(月/日/年)イギリス英語(日/月/年)
Oct. 7, 20227 Oct. 2022
May 7, 2022 ※7 May 2022 ※

※ 省略形のない月の場合はそのまま全て表記します。

月名英語省略形
1月JanuaryJan.
2月FebruaryFeb.
3月MarchMar.
4月AprilApr.
5月MayMay
※省略なし
6月JuneJune
※省略なし
7月JulyJuly
※省略なし
8月AugustAug.
9月SeptemberSept.
10月OctoberOct.
11月NovemberNov.
12月DecemberDec.

原則、May、June、Julyは省略しません。

ただ、図表などスペースが限られている場合は、ピリオドなしで最初の3文字を表記することがあるようです。

英語の年号の読み方

英語の年号の読み方は日本語とは違いますが、コツを掴めば難しくはありません。

ポイントは、2つに分けることです。

例えば、

  • 1885年→ 18と85に分ける → eighteen eighty five
  • 1939年→ 19と39に分ける → nineteen thirty nine
  • 1906年→ 19と06に分ける → nineteen oh six※0はzeroではなく、o(アルファベットの"オー"と発音)

ちょっと応用で、1900年はnineteen hundredです。

2000年以降はちょっと注意が必要です。

  • 2000年 → 2000 → two thousand
  • 2009年 → 2000 + 9 → two thousand and nine もしくは 20 09 → twenty oh nine
    ※ 20 09 (twenty nine)と分けて言ったつもりでも、相手には29に聞こえてしまうので注意
  • 2010年 → 2000 + 10 → two thousand and ten もしくは 20 10 → twenty ten
  • 2022年 → 2000 + 22 → two thousand and twenty two もしくは 20 22 → twenty twenty two

このように、いくつかの読み方が可能ですが、少しずつ「2022→twenty twenty two」の言い方が多くなっている印象があります。他の年代と同じような言い方ですね。

英語の日付で前置詞を使った例文

英語の日付で前置詞を使った例文

最後に、上の日付の書き方を使っていろいろな文をつくってみましょう。

Our color sample should arrive on December 10th.
カラーサンプルは12月10日にそちらへ届く予定です。
I will check it and get back to you by December 15th.
確認して12月15日までに連絡します。

by(までに)は日付と一緒によく使う前置詞です。似たような単語でuntilがあります。byとuntilの違い・使い分けの記事にまとめていますので、不安な場合は一緒におさえておきましょう。

英語の日付や曜日の書き方・順番は?アメリカ式とイギリス式も比較!のまとめ

今回は、英語での日付の書き方を、アメリカ英語とイギリス英語に分けながらお伝えしました。いろいろな書き方をご紹介しましたが、まずは、

  • アメリカ英語式:曜日→月→日→年
  • イギリス英語式:曜日→日→月→年

月日の順番が違うことをおさえておきましょう。カジュアルでもフォーマルでも、この順序は変わりません。

さらに、書き方を省略すればするほどカジュアルな言い方になります。

またビジネスなどの場面では、月と日が誤解されないように、月をアルファベットで書くことをおすすめします。

-->