英語の発音ができない・難しい!発音の練習におすすめの教材・参考書

英語発音強化におすすめ教材
  • 英語の発音ができない、難しい!
  • 英語の発音ルールが知りたい!

こんな質問にお答えします。

初めにお伝えすると、初心者のレベルから英語ネイティブ並の発音を目指す必要はありません。

yuki
ただし、英語を正しく発音することで「あなたの英語が相手に伝わりやすくなる」というのも確かなんですね。
特に英語は日本語よりも口を大きく開けて発する音が多いので、使用する口周りの筋肉が違います
完璧な発音というよりも、伝わりやすい・聞き取りやすい英語を話すためには、まずやはり英語の音にどんなものがあるのかを認識しましょう。
そしてコツとしては、日本語の音にはない音」を意識的に練習して強化していくことをおすすめします。併せて、発音記号を確認しておくと、辞書などで音声が利用できないときも音を確認することができます。

英語の音を認識して自分で発声できるようになれば、必ず相手の言っている英語も聞きとれるようになるはずです。

今回は、英語の音を認識するのにおすすめの教材をご紹介します。

「英語リスニングの鬼100則」米山明日香著

こちらは「リスニング」と謳っていますが、英語の音をひとつずつ詳しく解説してあり音声もついているので発音強化の練習にも十分に活用できます。

おすすめポイントは、ディクテーションなど音を聞き分けるため実用的な練習が満載であること。

解説で音の仕組みを確認し、音声で音の出し方を練習したところで、力試しです。本当にあなたがその音を聞き取れるようになったかを確認することができます。

本は厚めですが、例えば1音4ページの内、解説は1ページ半長くても2ページ、残りの2ページが練習問題という割合ですので、練習問題を多くこなして感覚を掴みたい方にオススメです。

「英語耳 発音ができるとリスニングができる」松澤 喜好 著

発音リスニング分野で、20年近く高い人気を誇る本ですので、知っている方も多いのではないでしょうか。

改訂3版では、現代の生活に合わせて内容を更新してあります。

ひとつひとつの音もしっかり解説、練習もでき安定の名著です。音が分からなかったときにさっと調べられる手軽さの薄さも良いですね。

「あいうえおフォニックス 母音/子音」

YouTubeでも人気のチャンネル、あいうえおフォニックス。

「このくらいで大丈夫だよ」のように、やさしくてゆるめの雰囲気で解説してくれるのでリラックスして取り組めます。

イラストも分かりやすく、さらに動画でも確認できるので飽きません。その音が使われている単語をたくさん提示してくれるため、実際に使う形で練習できるのも嬉しいポイントです。

英語の発音ができない・難しい!発音の練習におすすめの教材

今回は、英語の発音強化におすすめの参考書をご紹介しました。

ご紹介した教材で、まず英語の音をひとつずつ確認していきましょう。そして、その後さまざまな形で英語に出会ったときに発音が分からないときは、めんどくさがらずに確認することをおすすめします。

-->