イギリス英語でスニーカーは?アメリカ英語と違う洋服の単語まとめ

イギリス英語でスニーカーはトレーナー?ファッション関連英語まとめ
靴の「スニーカー」ってアメリカ英語なんだよー。
Mushroom_Neutral_FRONT_crop
え?靴の「スニーカー(sneakers)」ってイギリス英語じゃ通じないの?

今回はこんな質問にお答えします。

「イギリス英語とアメリカ英語って、使っている単語が結構違うんだよ」と聞いたことがあるのではないでしょうか。

私は「イギリス英語とは?」など何も気にせずに渡英したので、生活を始めたときは結構戸惑うこともありました。

知っていたのは、「階数の数え方が違う」「地下鉄はアメリカ英語でSubway、イギリス英語ではUnderground」の中学校テキスト情報のみ。

そして、最初のイギリス英語の壁が冒頭の「スニーカー」でした。

というわけで今回は、

  • ファッション関連のイギリス英語
  • アメリカ英語との比較

をまとめてご紹介します。

ネイティブとの日常会話からコツコツと書き取った単語中心です。

イギリス英語を勉強したい、イギリスに留学する、イギリス旅行準備にお役に立てたらうれしいです。

[イギリス英語とアメリカ英語]ファッション単語一覧

イギリス英語とアメリカ英語の単語一覧

服関連のイギリス英語の単語は知ってておいて損はありません。ファッションは身近な話題でもありますし、会話にしやすいですよね。

ファッション関連のイギリス英語は、結構特有なものが多いんです。

というわけで、知っておきたいファッション関連のイギリス英語&アメリカ英語をまとめました。

イギリス英語とアメリカ英語の違い 【靴】

イギリス英語とアメリカ英語の違い 【靴】
日本語イギリス英語アメリカ英語
スニーカーtrainers
(※1)
sneakers
長靴 (雨靴)wellies, wellington bootsrain boots

(※1)イギリス英語ではsneakersという単語はほぼ使わない。使うとすれば「American Eglish is cool!(使ってる俺もcool)」と思っている人らしい

イギリス英語とアメリカ英語の違い 【服】

イギリス英語とアメリカ英語の違い 【服】
日本語イギリス英語アメリカ英語
パーカー
(フード付のスウェット)(※2)
hoody, hoodie hoody, hoodie
ジャンパー (簡易的な上着) (※3)blousonblouson
トレーナー(※4)sweater,
sweatshirt
sweatshirt
フード付の防寒着anorakparka
タートルネックpolo neckturtle neck
セーターjumper, pulloversweater
ワンピース(※5)dressdress
パンツ、ズボンtrauserspants
タイツtightspanty hose

(※2)日本語で「パーカー」と言うと、イギリス英語では、防寒具アウターのことを指す。

(※3)日本語で言う「ジャンパー」は、イギリス英語ではセーターのこと。アメリカ英語では「袖なしの女性用ワンピース」のことを指す

(※4)英米語同じだけど、日本人が間違えやすい単語。trainerはイギリス英語で「(靴)スニーカー」のこと。アメリカ英語では調教師などのトレーナーのこと。

(※5)「ワンピース」は和製英語

(※6)イギリス英語で「pants」というと、下着のことを指すのでちょっと注意

イギリス英語とアメリカ英語の違い 【下着】

イギリス英語とアメリカ英語の違い 【下着】
日本語イギリス英語アメリカ英語
パンティ
(女性用下着)
knickers (※7)panties
パンツ (男性用下着)pantsunderwear
タンクトップvesttanktop

(※7)アメリカ英語で「knickers」というと、ゴルフなどに用いる膝下でしまるゆるい半ズボンのこと

イギリス英語とアメリカ英語の違い 【ファッション小物】

イギリス英語とアメリカ英語の違い 【ファッション小物】
日本語イギリス英語アメリカ英語
マフラーscarfmuffler
ファスナー、チャックzipzipper
タイツtightspantyhose
サスペンダーbracessuspenders
リュックサックrucksackbackpack

ファッション単語のイギリス英語とアメリカ英語のまとめ

いかがでしたか。今回は、ファッション関連のイギリス英語とアメリカ英語の違いをご紹介しました。

私はイギリス人と話すとき、今でも結構間違えてしまいます。まだまだ修行中です。

こういう単純な単語は、現地に行って学ぶより先に頭にいれておいたほうがムダがないので、イギリスに旅行や留学に行く皆さんは前もって覚えておくことをおすすめします。