I can’t be botheredの意味は?イギリスでよく聞く英語

【英語】can’t be botheredの意味は?イギリスでよく聞く表現
I should really finish this report by this Friday but I can't be bothered.

「can't be bothered」というイディオムの意味を知っていますか?

もともとの「bother」という動詞は「思い悩む」「(人)を悩ます」などという意味があります。

この「can't be bothered」というイディオムは、イギリス留学中何度も耳にしました。映画やドラマでも頻出するので知っていると役に立ちます。

というわけで今回は、

  • can't be botheredの意味
  • can't be botheredの使い方と例文

について解説します!

この表現の意味や使い方をマスターすると、よりネイティブっぽい会話ができるようになりますよ。

I can’t be botheredは「めんどくさい」という意味

I can’t be botheredは英語で「めんどくさい」という意味

結論からいうと、I can't be bothered.という表現は、「めんどくさい」「やる気がおきない」という意味で使うことができます。

イギリス英語でよく使われる表現です。

続いて辞書や例文でイメージを確認していきましょう。

can't be botheredの意味は?

英英辞典をいくつか見て、イメージをつかんでみます。

especially British English used to say that you do not want to make the effort to do something, or that you are not interested in doing something

引用元:Longman Dictionary of Contemporary English

意味:特にイギリス英語で、なにかをやる気が起こらない、する気にならない

If you say that you can't be bothered to do something, you mean that you are not going to do it because you think it is unnecessary or because you are too lazy.

引用元:COBUILD Advanced English Dictionary

意味:can't be bothered to do somethingを使うことで、次のような意味を表す→ 必要性を感じないので、そのなにか (something) をするつもりがない。もしくは自分が怠け者だからそれをするつもりはない。

総じて

  • 面倒くさい
  • やる気にならない
  • 〜をする気にならない

という表現になります。

ということで、冒頭のセリフをもういちどみてみます。

I should really finish this report by this Friday but I can’t be bothered.(このレポート、まじで今週の金曜日までに終わらせなきゃいけないんだけど、めんどいわ。やる気がおきない

この表現、日常会話でも使えそうですよね。(実際にイギリス人知人はよく言っていますw)

原形「bother」の意味も知っておこう

学校ではこちらの「bother」の意味を習ったと思います。

もう一度復習しておきましょう。

他動詞:(人)を悩ます、困らせる 、(〜をしてくれと言って)(人)を困らせる、面倒をかける

Don't bother me.
邪魔しないで・ほっといて
I'm sorry to bother you but could you do me a favour?
お忙しいところ申し訳ないのですが、お願いしたいことがあるんですが。

自動詞:思い悩む、心配する、気にする

Please don't bother.
どうぞお構いなく・気を使わないでください・気にしないでください
Why do we bother with our appearance?
なぜ私たちは見かけを気にするのか?

botherの発音

botherの発音

引用元:Collins A-Z

botherの発音は、/bɒðə(r)/です。

イギリス英語では、rを強く発音しません。

I can't be bothered to 〜 の使い方、例文

I can’t be botheredの使い方

can't be bothered to〜」で「〜する気にならないという表現ができます。この表現もイギリスでよく聞きます。

例文をみてみましょう。

あなたならどのように「can't be bothered to~」を使いますか?

I can’t be bothered to go out tonight. I prefer to stay at home.
今夜は出かける気分じゃない。家にいたい。
I’m so tired I can’t be bothered to cook tonight.
今夜は疲れたから料理をする気にならない

I can't be arsedの意味も同じ【使い方注意】

英語表現I can’t be arsed

友だちや親しい間柄の関係ではこの「I can't be arsed.」という表現もよく使われます。意味は「I can't be bothered」と同じです。

「arse」はイギリス英語で「お尻」を意味します。ちなみにアメリカ英語だと「ass」と書きます。

この「I can't be arsed」は日常的に使われますが、決して上品とはいえない表現です。正直、自ら進んで使うことはあまりおすすめしません。

この表現はスラングです。「arse」という言葉を使っていることからも分かるようにかなりくずした印象をもちます。決してビジネスなどのフォーマルな場では言わないように気をつけてくださいね。

can't be botheredの意味や使い方・例文のまとめ

今回は「can't be bothered」という表現をみてみました。

  • I can't be bothered. めんどくさい
  • I can't be bothered to do ~ 〜する気にならない

イギリスでカフェなどに入ったときに、耳を澄まして聞いてみてください。結構聞こえてくると思いますよ。

便利な表現なのでぜひ使ってくださいね!

-->