英語「might as well」の意味・使い方は?例文付きで解説!

【英語学習】会話でよく使うmight as wellの意味・使い方
We just missed our bus! The next one arrives in 30min. Should we walk?
Might as well.

「might as well」という表現を知っていますか?


英語会話でもよく使われる便利な表現で、「should」と同じように「〜した方がよい」と訳すことができるイディオムです。

しかし!

should」や「had better」とは違うニュアンスがあるので、使い方がいまいち分からないという人もいるのではないでしょうか。


というわけで今回は、

  • 「might as well」の意味や使い方

についてお話しします。


使い方のコツをつかんでネイティブのようにどんどん使ってみましょう。

表現の幅がぐんと広がりますよ。

might as wellの意味

might as wellの意味

English Grammar in Useの解説

まずは、英語圏の語学学校でもよく使われる良質の文法テキスト、『English Grammar in Use 5th edition Book with answers and interactive ebook』の説明をみてみましょう。

We might as well do something = We should do it because there is no better alternative. There is no reason not to do it. May as well also possible.

引用:English Grammar in Use


「We might as well do something」 という表現で、
ほかにそれ以上の選択肢(替わりになるもの=alternative)がないので、それをするべきだ。それをやらない理由がない。という意味がある。「May as well」という表現も同様に使える。

という解説です。

Collinsの解説

If you say that you might as well do something, or that you may as well do it, you mean that you will do it although you do not have a strong desire to do it and may even feel slightly unwilling to do it.

引用:COBUILD Advanced English Dictionary. Copyright © HarperCollins Publishers


「you might as well do something」または 「you may as well do it」という表現を使う場合、「そのことをやりたいと強く思うわけではないけどやる」さらには「あまりやりたくないけどやる」という意味を示す。

という解説です。

might as wellのもつ意味とニュアンス

つまり「might as well」という表現は、

「本当にそれが一番したいからする、した方がいい」というより、

・「他にそれよりもいい案がないし、今の状況ではそれがベストな案だ
・「それをしない理由が見当たらない。せっかくなのでやろう

というニュアンスを含んでいる。

と認識しておくといいと思います。

might as wellの会話

というわけで、冒頭の会話をもう一度みてみます。

We just missed our bus! The next one arrives in 30min. Should we walk?
(乗ろうとしてたバス今逃した!次は30分後だって。歩いた方がいいね?)
 
Might as well.
(そうするしかないね。他にオプションもないし)
 

might as wellの使い方

上述の会話文の「Might as well」は主語と動詞が省略されている状態です。

We might as well walk.」から、

We might as well. 」「Might as well.

という省略ができます。

might as wellの例文

might as wellの例文
それでは例文をみながら、使い方のニュアンスをつかんでいきましょう。
あなたならどんな場面で「might as well」を使いますか? 

 

It's so cold outside. I might as well stay at home.
今日は本当に寒い。[他にそれよりもいい案がないので] 家にいた方がいい。
A: 'I arrived at the station, how can I get to your place?'

 

B: 'You might as well take a taxi; it's a bit more expensive than a bus, but you get faster.'

A: 駅に着いたよ、家までどうやって行ったらいい?

 

B: タクシーに乗ったほうがいいかも。バスよりは少し高いけど、早く着くしね。

 

There is a big traffic jam, the bus is going to take us 30min to get to the centre. We might as well walk. 
渋滞がひどい、バスだと中心街に着くのに30分かかる。これは歩くしかないね。




まとめ

今回は、ネイティブが会話でよく使う「might as well」についてお話ししました。

「本当にそれが一番したいからする、した方がいい」というより、

「他にそれよりもいい案がないし、今の状況ではそれがベストな案」「それをしない理由が見当たらない、せっかくだからやろう」というニュアンスをもつ

というのがポイントでした。

どんどん使って表現の幅をひろげてくださいね。