フランス語ディクテーションの無料学習サイト【おすすめ5選まとめ】

フランス語の ディクテサイト
フランス語のディクテーションをやってみたいんだけど、おすすめのサイト教えて!

こんな質問にお答えします。

フランスの教育現場では昔から取り入れられている語学学習法で、フランス語では『la dictée(ディクテ) 』と言います。

簡単に言うと書き取りの練習のことです。

近年は日本でも、外国語学習法のひとつとして知られるようになりました。

しかし、フランス語の教材は英語に比べると数少ないのが残念なところ...です。

というわけで、今回は、

  • フランス語のディクテーション学習サイトおすすめ5選!

をご紹介します!

私のフランス語語学学校時代は、ほぼ毎日のようにディクテの時間がありました。

その体験から、初心者から上級者まで取り組めるようなおすすめサイトを選びました。

フランス語ディクテーション学習をやってみたいと思っていた方にお役に立てると嬉しいです。

フランス語のディクテーション学習サイト

初心者からでも大丈夫 ディクテーションはいろんなレベルに対応

実際にいろいろと試しておすすめのサイトは、次の5つです。

  1. La dictée d'Archibald TV5 MONDE
  2. Podcast français facile
  3. netprof
  4. 東京外国語大学言語モジュール
  5. Bescherelle

ひとつずつ解説しますね。

おすすめ① La dictée d'Archibald (TV5 MONDE)

フランス語のディクテーションサイト La dictée d'Archibald (TV5 MONDE)

TV5 MONDE(フランス語で放送されている国際テレビネットワーク)が運営しているフランス語学習カテゴリー内のディクテ専門ページです。

『La dictée d'Archibald』が他のサイトと大きく違うのは、6つのレベルに分けられて同じコンテンツが用意されているところです。

自分のレベルを試しながら、少しずつレベルアップしているのが分かりやすくモチベーションにもつながります。

コンテンツの内容は、日常会話というよりも、あるテーマについて語られることを書き取りするタイプです。

季節のイベントなどを取り上げていることも多く、フランスの文化も学べます。

読み上げるときには「,」「?」などの記号もフランス語で読まれます。記号のフランス語読み方の記事で確認しておくと安心です。
対応レベルA1 ~ C2
対応デバイスPC、スマートフォン
書き取り方法タイピング
書き取りスタイル記述式
無料/有料無料
運営TV5 MONDE
URLLa dictée d'Archibald

ここがおすすめポイント

  • 語学力の世界基準CEFRに沿って6つ(A1~C2)のレベル
  • 同じテーマでA1〜C2のすべてのレベルのディクテが用意されているので、自分のレベルに合ったものが見つかる
  • さらに、その前後のレベルも挑戦できる
  • カテゴリーが幅広く、季節に合わせたテーマなども多い
  • 文章に出てきた固有名詞などの解説もあり

こんな人におすすめ

  • フランスのサイトでフランス語ネイティブと同じように練習してみたい人
  • 旬なネタを学習したい人
  • CEFRに沿った自分のレベルや目標レベルをみすえて学習したい人
  • なるべく多くのフランス語に触れて学習したい人

 La dictée d'Archibaldのサイトへ


おすすめ② Podcast français facile

Podcast français facile

総合的にフランス語を学べる『Podcast Français facile』のディクテです。

ディクテは穴埋め式のものと、型は決まっておらず「紙とペン」もしくは「自由にタイピング」が選べます。

タイピング(パソコン・スマホ)の時は、単語の自動チェック機能(外国語予測変換・スペルチェックなど)をOFFにするのを忘れずに!
確かに。そうじゃないともったいないね。

実際の現地のディクテの授業のように、先生が読み上げるスタイルです。音声は一文ずつ区切られてはおらず、通しで読み上げられます

その中で、先生が様子を見ながら、ゆっくりと話し、何度か繰り返して読んだりしてディクテを進めていきます。

対応レベル初級〜中級
対応デバイスPC、スマートフォン
書き取り方法タイピング
書き取りスタイル・穴埋め式
・自由に記述式
無料/有料無料
URLPodcast français facile

ここがおすすめポイント

  • フランス語を総合的に学習できるサイト
  • 自動答え合わせ機能あり
  • ディクテの他、内容を問う問題も数種用意されている
  • 文章での出題。内容にストーリー性があるので、意味を考えながら正しいスペルや文法を導き出していく
  • 読み方が機械的ではなく、まさに授業を受けるようなスタイルで読み上げられる

こんな人におすすめ

  • フランス語で授業を受けているようなスタイルで学習したい人
  • なるべく多くのフランス語に触れたい人
  • カテゴリー別の単語をディクテーションで学習したい人

 Podcast français facile のサイトへ

 

パソコンで『穴埋め式』を解くとき、マウスクリックして空欄移動するのめんどくさくない
キーボード左の『tab キー』を押せば、次の空欄に進めるよ。マウスでクリックしなくてもいいから、ディクテ中は便利だよ!
 

おすすめ③ netprof

フランス語ディクテ(書き取り)おすすめサイト 中級以上におすすめ

今回紹介する5つのサイトの中で、一番ディクテの解説が細かいのがこの『netprof』です。

ディクテは2回読まれ、解説がたっぷり入ります。

  1. ゆっくりと通しで読まれる
  2. 書き取る時間を設けながら、一文ずつ読み上げる
  3. 解説の時間

このような感じで進みます。

このチャンネルでも記号はフランス語で読まれるので、読み方はこちらで確認してみてください。

動画の解説は、ディクテでよく間違えそうな文法の箇所を、丁寧にひとつずつ説明してくれますこの解説を聞いてさらに文法の復習をすることができます。

解説の部分が多いので、リスニングに慣れていなかったり単語があまり分からない初心者の方には難しいかもしれません。

所感では中級者向けだと思います。

 

ディクテの読み上げスピードが速いかもー。どうすればいい?
Mushroom_Laugh_FRONT_crop
再生速度を調整するのがおすすめだよ!

ディクテの時の読み上げのスピードが少し速い場合は、再生速度を調整してみてください

動画(YouTube)の設定→[再生速度]→ 【x 0.75】がおすすめです。
対応レベル中級〜
対応デバイスPC、スマートフォン
書き取り方法特に決まったフォーマットはない
書き取りスタイル穴埋め式 & 記述式
無料/有料無料
URLnetprof (YouTube)

ここがおすすめポイント

  • 日常的な内容で学習できる
  • ディクテーションで間違いやすいところなどまで細かく解説
  • 解説はナチュラルな速さのフランス語で行われるので、これもリスニングの練習にもなる
  • 授業を受けている感じで楽しい

こんな人におすすめ

  • フランス語中級以上の学習者
  • ディクテーションの授業を受けてみたい人
  • たくさんのフランス語に触れたい人
  • 自分では気づかない細かな間違いも教えて欲しい人

 netprofの動画へ

 

おすすめ④ 東京外国語大学言語モジュール

東京外国語大学言語モジュール

日本語で丁寧に学習ステップが指示してあるサイトです。ディクテ自体に慣れていない方におすすめです。

旅先などでも使えそうな会話が多いので、書き取りと一緒に読み上げて覚えても役に立ちそうです。

日本語・フランス語訳の表示ができたり、語彙の一覧を見ることができたりと、細かいとこまでカバーしてくれています。

ディクテに慣れている方は、所々の解説を非表示にすればシンプルに学習することもできます。

対応レベル初級〜中級
対応デバイスPC、スマートフォン
書き取り方法タイピング
書き取りスタイル穴埋め式 & 記述式
無料/有料無料
URLTUFS言語モジュール (東京外国語大学21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」)

ここがおすすめポイント

  • 「何をすべきか」「どんな風にするのか」日本語で学習ステップが丁寧に解説してある
  • 日本語・フランス語訳表示を選択できる
  • 状況説明や、会話にでてくる語彙の一覧がある
  • 日常的な内容で学習できる
  • 学習方法指示の表示/非表示が選べる

こんな人におすすめ

  • いきなりフランス語のサイトだと不安な人
  • まずは日本語のサイトから始めたい。学習方法の解説も細かく欲しいという人
  • 外国語大学のモジュールを試してみたい人

 東京外国語大学言語モジュールへ

 

おすすめ⑤ Bescherelle

Bescherelle

Bescherelleといえば、フランス語動詞活用の本でも有名です。フランス語の文法などネイティブの小中学生向けの本を出している出版社です。

ネイティブの小中学生向けのディクテサイトです。

  •  Les dictée à l'école:小学生向けディクテ
  • Les dictée au collège:中学生向けディクテ

と設定されていますが、自分のレベルに合いそうなものから始めてみましょう。

自分に合うレベルの目安は、「教材を選んだときに内容がざっと7〜8割分かるもの」くらいがいいと思います。

対応レベル初級〜
対応デバイスPC、スマートフォン
書き取り方法特に決まったフォーマットはない
書き取りスタイル穴埋め式 & 記述式
無料/有料無料
URLBescherelle

ここがおすすめポイント

  • フランスの小中学生向けに使われているディクテ問題
  • 8つのレベル別分け
  • 注意したい文法ごとにディクテ問題が準備されている

こんな人におすすめ

  • 文法ごとに気をつけながらディクテ問題を問いてみたい
  • 小中学生の日常単語も知りたい

 Becsherelleのサイトへ

フランス語ディクテーションにおすすめの無料サイトまとめ

今回は、フランス語のディクテーションにおすすめの無料サイト5選をご紹介しました。

ほとんどがフランス語のサイトなので、リスニングやコツに慣れるまでちょっと時間がかかるかもしれません。

そんな場合は、東京外国語大学のサイトから始めてみましょう。

そして、やり方に慣れてくれば、「分かるまで何度でも聞く」「音声速度を下げてみる」など工夫しながらフランス語のディクテサイトにもぜひ挑戦してみましょう。