【海外WiFiレンタル】会社・利用プランの選び方のポイントは?

【海外WiFiレンタル】会社・利用プランの選び方のポイントは?
Smile face
海外WiFiをレンタルしたいんだけど、まずは何を基準に選んだらいい?自分に合ったプランの選び方を教えて。

今回は特に、海外WiFiを初めてレンタルする予定の方、プラン選びをもう一度見直したい方向けに「海外用レンタルWiFiの選び方のポイント」についてお話しします。

私は海外に行く時、必ずWiFiをレンタルするようにしています。出張、プライベートともに必需品ですが、目的によって利用するプランを変えています。それぞれに選ぶポイントがありますので、皆さんの参考になればうれしいです。

目次

まずは「渡航先で利用可能か」「申込期限」の2点をチェック

最初に「渡航先で利用可能か」「申込期限」の2点を確認する

Smile face
「WiFiレンタル会社をピックアップした。よし、料金プランの比較をはじめるとするか!」
Yuki_smile_face
チョット待って!料金プランを比較する前に、確認したほうがいいことがあるよ。

具体的な料金プランを比較する前に、まず最初に候補の会社サイトで確認してほしいことがあります。

  1. 渡航先の国や地域で利用できるかどうか
  2. 申込期限はいつまでか

当たり前のことなんですが、上の2点をクリアしていなければそもそも申し込みができません。

また、通常の申し込み期限内だったとしても、キャンペーン適用期間を過ぎていたり、在庫切れでプランが利用できなかったり、ということもあります。

ですので、渡航期間が決まれば、なるべく早いタイミングで海外WiFiレンタルプランを検討しましょう。そうすればより自分の希望するプランを選ぶことができます。

海外WiFiレンタルプランを選ぶときは「現地でどう使うか」を考えると早い

海外WiFiレンタルプランを選ぶときは、「現地でどう使うか」を考えると早い

渡航先では、どんなときにWiFiを使う予定ですか?

LINEでのやりとり、ウェブサイトの検索、SNSの閲覧やアップ、地図アプリで行き先検索、仕事で音声通話など目的はいろいろとあると思います。

海外用のWiFiをレンタルするときは、まず現地でどのようにWiFiを使うのか」「どんな使い心地を優先させたいのか」を考えておくと、プランを選びやすくなります

まずは「予算重視!」「大容量は絶対!」「サクサク使えないと嫌だ」などざっくりでもいいので、自分が優先したいポイント、特に気にしないポイントが分かっていると、希望にあったプランを見つけやすいと思います。

Smile face
出張先でもメールや通話での対応は必須。外でPCとスマホを同時に接続する。ストレスなく仕事がしたい。
Yuki_smile_face
友人と旅行!予算は限られているから安く済ませたい。地図アプリは使うけど、速さは普通に見られればOK!

実際に海外WiFiを選ぶときに確認したいポイントをまとめてみました。

  1. 料金
  2. データ通信量
  3. 通信速度
  4. 複数人で使うかどうか
  5. サイズ:大きさ + 重さ
  6. 受取・返却方法
  7. 付属品・オプションの充実
  8. サポート体制

この中からプランを決めるときに優先したいポイントを抜き出してみてください。

その後に主な会社のプランを比較していくと、より自分の希望に合ったプランを見つけやすいと思います。

海外WiFiレンタルの選び方① 料金で選ぶ

海外WiFiレンタルの選び方① 料金で選ぶ

予算がある場合、利用料金はいちばん気になるところです。

海外WiFiレンタルのいいところは、利用料金が1日定額制だということです。

海外WiFiレンタル利用料金は、このような計算方法です。

[1日定額利用料金 + オプション] x 渡航日数 = 利用料金
Smile face
明朗会計!

各会社でキャンペーンや割引なども随時行っているので、うまく利用したいところです。補償や付属品、ルーター機器の料金も会社によって違います。

レンタル日数の考え方は「渡航日数」です。渡航中に実際に使わない日があっても、レンタル料金は渡航日数分発生します。「渡航日数合計6日間のうち、3日間だけ申し込みたい」ということはできません。

海外WiFiレンタルの選び方② データ通信容量で選ぶ

海外WiFiレンタルの選び方② データ通信容量で選ぶ


プランを決める時の大きなポイントのひとつは「データ通信量」です。

海外WiFiレンタル会社の主なプランは「300MB / 500MB / 1GB / 無制限」あたりで設定してあるところが多いです。

この数値で何が違うかというと、例えば「300MB」と「500MB」とではできることの回数や時間に違いがあります。

数値が大きければ大きいほど、できることの回数や時間が増えます。そして、できることが多くなればなるほど利用料金も高くなる仕組みです。

実際にどれくらいのデータ通信量が必要なの?目安は?

グローバルWiFiの目安でみてみましょう。

利用可能なデータ通信量  (引用:グローバルWiFi 

 通常プラン(300MB/日)大容量プラン(600MB/日)超大容量プラン(1.1GB)
WEB閲覧約 370ページ約 750ページ約 1,500ページ
マップ検索
(Google Mapなど)
約 40分約 1時間30分 3時間
YouTube閲覧約 10分約 20分約 45分
LINE トーク約 7,500通約 15,000通約 30,000通
LINE 音声電話約 5時間約 10時間約 20時間
メール送信約 120通約 250通約 500通
Skype 音声通話約 4時間20分約 8時間50分約 17時間40分
Skype ビデオ通話約 50分約 1時間40分約 3時間
Instagram閲覧約 30分約1時間 2時間

←→ スマートフォンは横にスクロールできます

各数値はあくまで一般的な利用を想定した目安です。使用する環境や頻度、使用内容によって消費する通信量が違ってきます

特に動画やビデオ電話などは、通信量を早めに使ってしまう要因でもあります。

ですので例えば、インスタグラムで頻繁に動画や画像を投稿したり、LINEのトークで頻繁に動画を送ったりする予定なら、もっと容量を消費すると考えていいと思います。

通信量の目安は各会社のホームページに載っているので、チェックしてみてください。

大容量・無制限プランがおすすめなのはこんな人

大容量・無制限プランを借りたほうがいいのはどんな方でしょうか。

Smile face
旅行中もスキマ時間に動画をみたい

例えばこんな方におすすめです。ほかにも、

・海外出張で頻繁に連絡を取ったり、ウェブサイト閲覧やPC作業が必要
・複数人で海外レンタルWiFiを共有して使いたい

こんな方は、海外WiFiレンタルの大容量・無制限プランを検討してみてもいいと思います。

YouTubeや映画などの動画をみたい人は、無制限プランがおすすめ

スキマ時間でも動画をみたいという方、テレビ電話で長く話す予定のある方などは、通信量を気にせずにつかえる無制限プランがおすすめです。

MEMO

ただし、無制限プランでも動画の閲覧、テレビ電話、位置情報ゲーム、ファイルダウンロードなど短期間で大量に通信を行うと速度制限がかかることがあるようです。集中的な動画閲覧などは極力控えたほうがよさそうです。

海外出張先でも、日本と同じような環境で仕事をしたい人

ビデオ会議、頻繁な連絡、出先やホテル内でのノートPCでの作業、家族との連絡」など、快適な仕事環境にしようとすればするほど、海外WiFiの使用量を必要とします。

Question Face 01
ホテルや部屋によっては、無料WiFiがつながりにくかったり、通信速度が遅いこともあるようです。
容量を気にせずに快適な環境で仕事に専念したい方は、大容量もしくは無制限プランをおすすめします。

複数人で海外レンタルWiFiを共有して使いたい人

個人のグループ旅行などが当てはまります。大学生の卒業旅行などはまさしくそれです。

基本的に5台の機器を接続できるので、複数人分接続できます。料金も割り勘できるので、カップルやグループの旅行におすすめです。

複数人で選ぶときのコツは後ほどお話しします。

「1人で使用。連絡手段や軽くWebサイト検索に使うくらい」のような使い方であれば、小量のプランにでもいいかと思います。

海外WiFiレンタルの選び方③ 通信速度で選ぶ

海外WiFiレンタルの選び方③ 通信速度で選ぶ

通信速度には3Gと4G/LTEがあります。その速度の違いについて説明します。

3Gと4G/LTEの違いは?

3Gと4G/LTEの違いは通信の速さの違いです。

4G/LTEの方が通信速度が早く、3Gの方が遅くなります。

Yuki_smile_face
最大値でいうと、4G/LTEの方が3Gよりも約10倍速いそうです!サクサクに動くということですね。

その速度をイメージしてみると、例えば、2019年現在の主流回線は4Gで、3Gは一つ手前の回線です。

日本でも4G/LTEの電波が入りくいところでは、3Gと表示され3Gの回線になることがありますよね。

そのときの速さほどなので、3Gの通信速度でも画像つきのサイトでも普通に閲覧することができます。

3Gプランはこんな人におすすめ

料金を安くおさえたい方
・ウェブ上での動作が多少遅くでも気にしない方

4G/LTE 高速通信プランはこんな人におすすめ

ストレスなく早く快適にインターネットを使いたい方
・動画、SNS、画像のアップロードや、地図アプリ、乗り換え案内アプリなどを使う予定の方

MEMO

3Gも4G/LTEも、その速度はあくまで理論値で、現地の通信環境によっては利用プラン通りの速度が出ないことがあります

海外WiFiレンタルの選び方④「何人で使うか、複数人でどう使うか」で選ぶ

海外WiFiレンタルの選び方④「何人で使うか、複数人でどう使うか」で選ぶ

海外WiFiを使用する際に借りるルーター1台につき5台のデバイスまで同時に接続することができます。

例えばこんなことができます。

・1人でスマホとタブレット、PCなどを同時に接続することができる
・ 複数人で使って、割り勘にして出費をおさえることができる

1人で1台のWiFiルーターを使う場合

1人で1台のWiFiルーターを使う場合、同時に5台まで接続できるので、スマホとタブレット、ノートPCなど、必要なデバイスを接続するには充分かと思います。

使用状況を想定し、必要な通信量と通信速度をチェックして料金プランを決めます。

2人以上で1台のWiFiルーターを共有して使う場合

複数人で1台を共有する場合の大きなメリットは、割り勘になって料金が安くなるということ。

ただしルーターに接続する台数が多い分、消費する通信量が多くなるので、使用用途によっては通信量を大きくした方がいいことも覚えておきましょう。

例えば、旅行中に目にする光景はたくさん画像や動画を撮りたいし、それをSNSにアップしたり日本の友人に送ったりしたいですよね。

それぞれのメンバーが頻繁に「画像や動画をその場ですぐにSNSに投稿したり、LINEで友人に送ったりする」場合、例えば少量の300MBプランなら、すぐに1日の最大通信量に達してしまいます。

Smile face
海外出張の場合はどうだろう?日本からの連絡やメールも結構多いすぐに対応したい。

そうですよね、海外出張の場合、連絡対応やメール受送信、ウェブ閲覧、電話会議などもあります。通信量を気にしながらの仕事は避けたいところですよね。

ということで、旅行でも出張でも2人以上で1台のWiFiルーターを使用するなら、大容量または無制限プランが安心して利用できるかと思います。

さらに、快適なWiFi環境を確保するためには、通信速度は4G/LTEがおすすめです。

グループ内で別行動の予定がある → 複数台レンタルがおすすめ

「現地滞在中は、メンバー全員が行き先もいつも一緒。別行動の予定はない」という場合は、ルーターは1台のみでも大丈夫かと思います。

ただし、全員で複数台をレンタルしておいた方がいい場合もあります。

それは別行動の予定がある時です。理由は、連絡が取れる手段があった方が安心だからです。

例えば、2人は美術館、3人はカフェ巡り、時には1人ずつ自由行動で後ほど合流、という場合もありますよね。また海外出張先でメンバーが個々に行動することもあります。

レンタルしたルーター機器から離れてしまえば、WiFiはひろえません。

目的地までの地図アプリの使用やウェブ検索、さらには迷ってしまったり、待ち合わせの場所に遅れそうになったりしたときの緊急の連絡など、日本と同じようにその場ですぐに対応したい場面は旅先でも結構あるんです。

というわけで、グループ内で別行動の予定があるなら、そのグループ数、もしくは1人1台ずつを借りておくと安心かと思います。

海外WiFiレンタルの選び方⑤ ルーター端末のサイズ:大きさ・ 重さで選ぶ

海外WiFiレンタルの選び方⑤ ルーターのサイズ:大きさ・ 重さで選ぶ

例えば現地で小さなバッグを使う予定の方は、ルーターのサイズがコンパクトで軽いものを選ぶのもひとつのポイントです

理由は大きなサイズのルーターだと、小さなバッグの中で場所をとって他のものが出し入れしにくくなるからです。

小さめもバッグを持つ予定がない方は、ここは読み飛ばしてくださいね。

では、実際にルーターの大きさ・重さはどのくらいのものなのでしょうか。

Yuki_smile_face
「小さなバッグ使うかも」という方は、私の体験談を元にお話ししますので参考にしてみてください。
 

海外WiFiルーターの大きさ・重さ

レンタル会社や利用プランによって、ルーターのサイズが違います。
調べてみるとざっとこの2パターンに分けられるようです。

ルーターのサイズの目安

 コンパクト系大きめ系iPhone X
10 cm前後12 cm前後14.3 cm
6 cm前後6.5 cm前後7 cm
厚み1.5 cm前後1.8 cm前後0.8 cm
重さ105~135g 位200~220g 位174 g

←→ スマホは横にスクロールできます

※詳細は各会社の利用プランでご確認ください。

スマホと比べてみました。iPhone XがAQUOS sense3も同じくらいです。

スマホの方が縦横サイズは大きめですが、ルーターの方が厚みがあり、重さはコンパクトと大きめサイズのあいだにスマホがはいる感じです。

コンパクト系のWiFiルーターを取り扱っているのが「イモトのWiFi」と「Wi-Ho!」。

大きめ系のWiFiルーターを取り扱っているのが「グローバルWiFi」と「jetfi」です。

実際に「コンパクトなWiFiルーター」と「大きめサイズのWiFiルーター」を使った感想

そもそもどうして私がルーターの大きさや重さを気にするかというとは、レストランでの夕食や観光などでも、ショルダーバッグや小さめのバッグで出かけたいからです。

例えば、小さめのバッグ(例 横 20cm / 高さ 13cm / 厚み 4cm)を使う場合、以下の4つは必須アイテムとしてバッグに入れています。

・カードサイズ用の財布
・スマートフォン
・リップスティック
・WiFiルーター

このサイズのバッグだと、コンパクトサイズのルーターだと財布の出し入れはすーっとできます。

ただ反対に厚みのあるルーターだと、財布の出し入れがギリギリで引っかかかることもあります。

あくまで個人的な意見ですが、連続稼働時間が10時間以上をこえるものは大容量のバッテリーがは搭載されているので重いのかな、と思っています。

Question Face 01
「バッテリーのもちがいい」のは非常に助かるので、一長一短なのです。

バッグをもっと大きくするとか、収納を工夫するなどはできると思います。

でももし小さめのバッグを使いたいと思っているなら、ルーターのサイズを考慮するのもひとつのポイントじゃないかなと思います。

▼ 「"大きい・重い"でも"バッテリー長持ち"」:グローバルWiFi

あわせて読みたい

来月の旅行で海外WiFiをレンタルしようと思ってる。「グローバルWiFiがいいよ」って聞いたんだけど実際に使った感想を教えて。口コミでグローバルWiFiのルーターが大きい・重いと書いてあったけど、使い勝手はどう?ぶっちゃけ、[…]

グローバルWiFiは大きくて重い?それでもレンタルをすすめる理由

▼ 「"軽くてコンパクト"でも"バッテリーのもちは約5時間"」:イモトのWiFi

あわせて読みたい

来月海外旅行でWiFiをレンタルする予定。海外WiFiレンタルの「イモトのWiFi」って、イモトアヤコを起用してるし社長もCMに出てるし、なんかよさそうだけど、実際のところはどうなんだろう?こんなふうに思っていませんか?[…]

イモトのWiFiのメリット・デメリット|使った感想

海外WiFiレンタルの選び方⑥ 受取・返却方法で選ぶ

海外WiFiレンタルの選び方⑥ 受取・返却方法で選ぶ

WiFiルーターの受取や返却方法は、レンタル会社や申込時期、利用空港などによって異なります。

※会社によっては提供してないサービスもありますので、詳細は各会社のウェブサイトでご確認ください。

事前受取:宅配/コンビニ・郵便局受取

・設定方法など前もって確認しておきたい人に
・有料&無料あり

当日受取:空港カウンター・専用ロッカー

・カウンターで説明してくれるので初めて借りる人におすすめ
・空港によってはロッカーQRコード使用受取で、時間をかけずに受取終了

GW、お盆、年末年始の時期は、各空港のカウンターが混雑して受取りに長時間並ぶことも多いようです。

この時期に利用する場合は「国内宅配での事前受取り」か「ロッカー受取り(一部空港で利用可能)」、もしくは「当日は余裕をもって早めに空港到着」を選ぶことをおすすめします。

帰国日返却:空港カウンター・専用ロッカー

・カウンター手渡し
・カウンターBOX投函
・空港によってはロッカー返却も可能

後日返送

・指定のキットで期限日までに返送

海外WiFiレンタルの選び方⑦ 付属品・オプションの充実さで選ぶ

海外WiFiレンタルの選び方⑦ 付属品・オプションの充実さで選ぶ

ルータ―の他にどんな付属品やオプションが無償でついてくるかは会社や利用プランによって違います。これも各会社のサイトで確認しましょう。

さらに、モバイルバッテリー、翻訳機、iPadやカメラ360、などバラエティに富んだアイテムをレンタルすることもできるので便利です。

今回の旅行にしか利用しないのであれば、レンタルサービスがおすすめ。その後使用する予定があれば購入してもいいと思います。

そのなかで「持っていってよかった!」と感じたアイテムを紹介します。

モバイルバッテリー

例えば、複数のデバイスもしくは複数人でルーターに接続する時、通常よりルーターのバッテリー消耗が激しくなります。モバイルバッテリーを持っておくと安心です。

マルチ変換プラグ

変換プラグは、最低でも合計2個はもっておいたほうがいいと思います。

変換プラグはレンタル一式セットの中に1個は入っているはずです。
(※念の為にレンタルの際に再度確認してくださいね)

Friend serious face
セットに1個入っているなら、なんでもう1個必要なの?
Yuki_smile_face
ホテルに戻ったら、いろんなデバイスを同時に充電しておきたいからだよ。

スマホ・ルーター・PC・タブレット・カメラ等、充電したい機器は結構ありますよね。

変換プラグが1個だと、ひとつずつ充電するしかないので、正直面倒くさいです。ホテルに戻ってのんびりしたいのになかなかそうもいきません。

ですので複数の機器をできるだけ同時に充電するには「変換プラグx複数個」もしくは「複数のデバイスを接続できる変換プラグ」を準備しておくのをおすすめします。

変換プラグは、組み立て式のマルチ変換プラグがおすすめです。

Yuki_smile_face
世界中対応しているから、周遊旅行にも便利!

例えば、同じヨーロッパでもイギリスとドイツではプラグの形が違います。組み立て式ならこれ1個で対応できます。

Friend serious face
でも、2つでも足りないかも。そもそもホテルのコンセントが少なかったらデバイス分同時に充電できないし。

確かに、ホテルのコンセントが少ない場合もありますし、誰かと相部屋であればなおさら不便です。

持っているデバイスの数を考えると、もっと接続できるのがいい」という方にはこのようなタイプがおすすめです。

海外WiFiレンタルの選び方⑧ サポート体制のよさで選ぶ

海外WiFiレンタルの選び方⑧ サポート体制のよさで選ぶ

海外WiFiレンタル会社の渡航中のサポートには、

・電話サポート
・メールサポート
・LINEやSkypeでのトークや電話サポート

などがあります。

会社によってサポート内容は違いますので、やはりそれぞれの会社を要チェックです。

選ぶポイントとしては、例えば

・24時間対応で連絡がとれる
・メールやチャット
・アプリトーク&電話サポート機能がある

あたりがあると、安心かと思います。

24時間対応だと世界中どこからでも連絡できる安心感があります。
また、メール対応やアプリトークの対応があると、自分の借りているWiFiを使っていつでもどこでも連絡できるので安心です。

まとめ「現地でどのように使うか」が、海外レンタルWiFiプランを選ぶ鍵。

いかがでしたでしょうか。

海外レンタルWiFiを選ぶ鍵は「現地でどのように使うのか、使いたいのかをイメージしておく」ことでした。

各会社でたくさんの魅力的なプランやサービスを展開しているので悩むと思いますが、優先ポイントを頭において探すと自分に合ったプランが選びやすくなりますよ。

人気記事 
 

海外WiFiレンタルおすすめ4社比較【海外旅行でインターネット】

海外WiFiは当日空港でもレンタルできる!申し込み方法・場所は?