海外でもネットに繋がる海外WiFiレンタルとは?|初心者向け解説

海外でもネットに繋がる海外WiFiレンタルとは?|初心者向け解説
Smile face
・海外旅行に行くんだけど、現地でネットを使うにはどうしたらいい?
・「海外WiFiをレンタルするといいよ」って聞いたんだけどそもそも「海外WiFiレンタル」ってなに?
・メリットとデメリットを教えて。

こんな質問にお答えします。

現地に着いたはいいけど、スマホでインターネットに繋ぎたい時、その方法を知らないと困りますよね。

海外でインターネットを使う主な方法は「モバイルWiFiルーター」「国際ローミング」「フリーWiFiスポット」「現地のプリペイドSIM」があります。(各方法の詳細とメリット・デメリットは『海外WiFiレンタルは必要?あった方がいい?|こんな人におすすめ』をご覧ください)

その中でも人気なのがポケットサイズのモバイルWiFiルーターをレンタルする「海外WiFiレンタル」です。

というわけで今回は

  • 「海外WiFiレンタル」とはなにか?
  • 「海外WiFiレンタル」でなにができるのか?
  • 海外WiFiをレンタルするメリットとデメリット

を解説します。

「海外でインターネットにつなぐにはどうしたらいいのかな?」「『海外WiFiレンタル』って聞いたことあるけど、どんなものなの?」と思っている方は必見です。

私は個人旅行と出張でこれまでに数社の海外WiFiレンタルを利用しています。 経験者の声として参考にしてもらえるとうれしいです。

海外でネットにつなげるサービス:「海外WiFiレンタル

海外でネットにつなげるサービス:「海外WiFiレンタル」

「WiFiをレンタルするってどういうこと?」
「海外WiFiをレンタルすると何ができるの?」

私も初めて海外WiFiレンタルサービスを知ったときはここから始めました。

まずは、海外WiFiレンタルがどんなものなのか、使い方や手順を簡単に説明します。

海外WiFiレンタルとは?できることは?

海外WiFiレンタルとは、専用のWiFi機器(=ルーターと呼ぶ)をレンタルすることです。

海外WiFiをレンタルすることで、日本と同じようにスムーズにインターネットを使える環境をつくることができます

ルーターにスマホやタブレット、PCを接続して、海外でもアプリやネットを使うことができます。

グローバルWiFiをロンドンで使ってみた

ルーターの一例です。これは海外WiFiレンタル会社 グローバルWiFi のもので、レンタル会社によってサイズはいろいろあります。

この機器が現地の通信会社の電波をキャッチしてネット用の電波を発信し、その電波を私たちのスマホにキャッチさせてネットが使えるようになる、というイメージです。

Yuki_smile_face
ネット用の電波を自分で持ち歩いているという感じかな。

海外WiFiにスマホなどを接続してできることは、

・ウェブ検索
・地図アプリ閲覧
・SNS閲覧・投稿
・メール受送信
・LINEチャット・通話機能
・YouTubeなどの動画閲覧

などです。

Smile face
つまり、現地でも日本でネットを使っているときと同じことができるんだね。
POINT
海外WiFiレンタルとは、海外用のWiFi機器(ルーター)をレンタルすること。
そのルーターにスマホやタブレットを接続して、日本にいるときと同じようなネット環境をつくることができるのが、「海外WiFiレンタル」サービスです。

海外レンタルWiFiの使い方・手順

海外レンタルWiFiの使い方はとても簡単。

3つのステップで接続完了です。

イモトのWiFi海外レンタルを例にとって解説します。

海外レンタルWiFiの使い方・手順_イモトのWiFi引用
引用:イモトのWiFi

STEP1: WiFi機器を用意

スマホ、タブレット、PC など海外でインターネットに接続したいものを用意する。

STEP2: 出発前の準備設定

スマホの「データローミング」と「モバイルデータ通信」の両方の設定を確実にOFFにしておく。

STEP3: 現地で接続設定

現地に到着後、WiFiルーターの電源をONにする。スマホのWiFi設定で、ルーターIDとパスワード入力して接続する。

これで完了!日本にいる時のようにネットやアプリが使えます。

タブレットやPCも同じ用にWiFi設定すればすぐに使えます。

Yuki_smile_face
詳しい設定方法は、ルーターと一緒にもらえる説明書にわかりやすく書いてあります。私はギリギリまで友人や家族とLINEしているので、飛行機の待ち時間に設定しています。
 
次に、海外WiFiをレンタルする上でのデメリットとメリットをお話しします。
 

海外WiFiレンタルのデメリット

海外WiFiレンタルのデメリット

旅行と出張のときは、いつも海外レンタルWiFiを利用しています。

リピートして使っているので私にとっては今ベストな手段ではあるのですが、やはり良いことだけではありません。

海外WiFiのレンタルを検討している人、レンタルしようと思っている人へ、申し込む前に知っておいた方がいいことをお話しします。

海外WiFiレンタルのデメリットは次の5点です。

  1. ルーターを持ち歩かなければならない
  2. データ通信容量を使い切ると速度制限がかかる
  3. 日本で使っている携帯番号で電話はできない
  4. 渡航日数分の利用料金がかかる
  5. ルーターは充電式

ひとつずつ解説しますね。

デメリット① ルーターを持ち歩かなければならない

WiFiルーターはいつも持ち歩く必要があります。

ルーターのサイズは『【海外WiFiレンタル】会社・利用プランの選び方のポイントは?』にも詳しく書いていますが、コンパクトなものから大きめのものまでいろいろとあります。

重いものだと200gほどでスマホを2台もって歩く感じなので、1日持ち歩くとそこそこ重さを感じます。

レンタル会社ごとに用意しているサイズが違うので、比較して検討することはできます。

あわせて読みたい

海外WiFiをレンタルしたいんだけど、まずは何を基準に選んだらいい?自分に合ったプランの選び方を教えて。今回は特に、海外WiFiを初めてレンタルする予定の方、プラン選びをもう一度見直したい方向けに「海外用レンタルWiFiの[…]

【海外WiFiレンタル】会社・利用プランの選び方のポイントは?

デメリット② データ通信容量を使い切ると速度制限がかかる

海外WiFiレンタルは、好きなだけ使えるわけではありません。どれだけ使えるかは「1日の通信容量」で決まります。

海外WiFiレンタル各社は主に次のような通信量のプランを用意していて、そこから自分に必要なものを選びます。

・300MB
・500MB〜600MB
・1GB〜1.1GB
・無制限

この数値が下にいけばいくほど、ネットを使ってできる時間や回数が増えます。

申し込んだ1日のデータ通信容量を使い切ると、速度制限がかかってしまいます。

速度制限がかかるとどうなるかというと、ウェブサイトの表示スピード確実に遅くなります。

私も動画をうっかり長時間観てしまって、1日の途中で速度制限がかかったことがあります。LINEなどでの文字のやりとりはできましたが、画像は時間切れで送れなかったと思います。

[使用感]グローバルWiFiをイギリスで使ったときの感想

WiFiルーター(特に大きめサイズのもの)によっては、この写真のように今使用している通信容量が画面に表示されます。それを参考にしながらルーターを利用できるので便利ですね。

無制限プランを選んだとしても、かなり集中して動画をみたり大きいファイルをダウンロードをすると、制限がかかることもあるそうです。

Yuki_smile_face
常識の範囲内で使っていれば大丈夫だと思います。

デメリット③ 日本で使っている電話番号で通話はできない

海外レンタルWiFiを使っているときは、日本で普段使っているスマホの電話番号は利用できません

渡航中にスマホで通話をしたいときは、インターネットを利用した通話機能が使えます。

たとえば、

・LINE
・Skype
・Facebookメッセンジャー
・Facetime(iPhone)
・WhatsApp

などの通話機能を利用すれば、いつでもどこでも通話ができます。

デメリット④ レンタル料金は渡航日数分を支払う

レンタル料金は渡航日数分を支払う

海外WiFiのレンタル料金は、出発日から帰国日までの渡航日数分を払う必要があります

例えば、出発日から帰国日までが8日間の場合。

Smile face
8日間中、実際にネットにつなぐのは5日間くらいかな。

この場合でも8日間分のレンタル料を支払います。「使う予定の日分だけ払う」ことはできません。

逆をいえば、渡航期間中はいつでも好きなタイミングでインターネットに繋がるということです。

予期せぬ出来事で連絡手段が必要になることもありますので、いつでも連絡が状態があると安心かと思います。

デメリット⑤ ルーターは充電式なので、バッテリー残量に気をつける

WiFiルーターはスマートフォンと同じ充電式です。

画像や動画をたくさん投稿したり、動画をみたり、数人(台)で共有して使うと、バッテリーの減りがはやいので、バッテリーの残量にはちょっと注意が必要です。

また、WiFiルーターによってバッテリーのもち時間が違います。

・大きめサイズのWiFiルーター:最大15時間
・コンパクトサイズのWiFiルーター:最大5時間

数値はレンタル会社の理想値ですが、どちらのタイプも利用した経験からいうとだいたいこのくらいのバッテリーのもち時間だったと思います。


また、スマホと同じように、ネットの使いかたによって、バッテリーの減り方も違ってきます。

Yuki_smile_face
モバイルバッテリーもレンタルできるので、大容量プランを利用する場合は一緒に申し込むのオススメです。

海外WiFiレンタルを使うメリット

海外WiFiレンタルを使うメリット

次は、海外WiFiレンタルを利用するメリットをお話します。

  1. 日本にいるのと同じようにネットやアプリが使える
  2. 料金も抑えられる
  3. シェアして使うことができる
  4. 英語に自信がなくても大丈夫
  5. セキュリティ面も安心

ひとつずつ解説しますね。

メリット① 日本にいるのと同じようにネットやアプリが使える

 日本にいるのと同じようにネットやアプリが使える

ルーターに接続すれば、現地の外出先でもいつものようにインターネットを利用できます。

外出先でサイト閲覧や、近くのカフェやレストラン検索、予約、撮った画像をすぐにSNSに投稿、家族や友人と連絡など、旅先でもネットが利用できると何かと便利です

道に迷ったりした時、移動するときの交通手段を調べたい時は、地図アプリをっ使えますし、Uberを手配することもできますよ。

ビジネス出張でも活躍

「どこでもネットにつながる状態でいる」というのはビジネス出張ではマストですよね。

さらに、セキュリティ面で安全とはいえないフリーWiFiを社用で利用するのは、正直不安です。

海外WiFiレンタルを利用すると、出張先でも場所を問わずメールチェックや連絡対応ができます。

添付ファイルなど大容量のものも快適にダウンロードができるなど、スピード感をもって仕事をすることができます

出張であればスマホのほかにタブレットやPCを同時に使うこともあります。ルーター1台でデバイス5台まで接続できるので、快適な仕事環境が整います。

メリット② 料金もお得

日本の国内WiFiは月単位で払うのが一般的ですが、海外レンタルWiFiは日単位で支払うので余計な出費をする必要もありません

1日あたりの定額料金で、料金体系もわかりやすいです。

  • 定額料金:(1日のルーター利用料金 + [任意]補償 +オプション) × 渡航日数

この定額料金から、申込み時期のキャンペーン割引きや、早割、各種手数料が無料になったりします。

ちなみに、ルーター利用料金は「通信速度」と「通信容量」と「渡航先」を選択して計算します。

・「通信速度」は、どれだけ快適にサクサクとネットを利用したいか
・「通信容量」は、WiFiルーターをレンタルして現地で何をしたいか

を意味します。

速度と容量を考えながら、自分の使い方に合わせた料金プランを選ぶことができます

メリット③ シェアして使うことができる

ルーター1台につき5台のデバイス、もしくは5人まで共有してインターネットにつなぐことができます

スマホとタブレットやPCなど複数台を同時に使いたいときなどにとても便利です。

また、友人との旅行でシェアをすれば、料金を節約することもできます

ただし、申し込んだ通信容量をシェアすることになるので、1人が使える容量は少なくなります。ここは注意です。

ですので、現地でのインターネットの使い方を想定した上で、申込みの通信容量を選ぶと良いですね。

メリット④ 英語に自信がなくても大丈夫

英語に自信がなくても大丈夫

海外でも公共の場でフリーWiFiを使えるところは多いです。

ただし、カフェやホテルによっては「WiFiの接続ID」と「パスワード」をスタッフに聞かなければいけないところもあります

そういうときはこのように言ってみましょう。

[英語] Hi (Excuse-me), could you tell me the password for free Wifi?
[フランス語] Boujour, pouvez-vous me donner un Password pour le free WiFi, s'il-vous-plaît?

そうすると、IDとパスワードを書いた紙などがもらえると思います。


でも、現地の言語でも英語にあまり自信がない場合は、このやりとりはちょっとハードルが高いですよね。

その点、海外WiFiをレンタルしておけば、言葉のストレスはなくなるので安心です。


むしろ何か言語の問題で困ったことがあったら、WiFiにつないでスマホで「グーグル翻訳」を使うことができるので、コミュニケーションを取りやすくなります。

海外に行くと日本にいるのとは違う問題が起きたりします。現地の言葉や英語に自信がない方には強い味方だと思います。

メリット⑤ セキュリティ面も安心

駅や空港、カフェや商業施設などのフリーWiFiスポットは、気軽に使える反面、不正アクセスもしやすくセキュリティ面で不安あるのが現状です。

フリーWiFiを使うのであれば、ウェブサイトの閲覧くらいが安全かなと思います。

海外WiFiレンタルのサービスを利用すれば、セキュリティも暗号化されているので安心してインターネットを利用することができます

あわせて読みたい

・海外WiFiはレンタルしておいた方がいい?ないと困る?・海外WiFiを借りなくてもいいのはどんな人?・自分はどっちに当てはまる?こんな質問にお答えします。個人旅行など自由行動が多い旅行だと、現地でもすぐにネットに繋[…]

グローバルWiFiはこんな人におすすめ

「結局、自分の場合だとどうなんだろう?」と気になる方は、『海外WiFiレンタルは必要?あった方がいい?|こんな人におすすめ』を参考にしてみてください。海外WiFiをレンタルした方がいい人、しなくてもいい人についてまとめています。

まとめ:海外WiFiをレンタルすると日本と同じようにネットが使える。旅がもっと快適になる!

今回は初めて海外レンタルWiFiを利用しようかと考えている方へ、『海外でもネットに繋がる海外レンタルWiFiとは?』について説明しました。

海外ルーターをレンタルすれば、現地でも日本と同じようにネットやアプリを使えます知らない土地になにかあった時に、スマホが使えればその場で解決することができるので心強い方法です。

海外旅行に行く前に検討してみてくださいね。